銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

銀行カードローンの審査方法とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

a0001_004014

 

銀行カードローンを利用してみたいと思っても、初めてだと色々と不安がつきものです。

 

特に「カードを作るための審査が厳しいのではないか」、と心配されている方も多いのではないでしょうか。

銀行カードローンの審査とはどのようなものなのか、簡単にご紹介させて頂きます。

 

この審査は、融資したお金を返済可能なのかどうかを調べるためのものです。

具体的には年収、勤続年数、居住年数などのその人の属性を調査します。

 

 

point1在籍確認

 

 

銀行系のカードローン会社では年収を重視する場合もあるようですが、これらの審査で一番重要視されるのは、現在勤務している会社に本当に在籍しているかどうかの「在籍確認」といわれています。

 

この確認では、あなたの勤務している会社宛に担当者より電話があり、あなたが本当にその会社に勤務しているかどうかのみを確認します。

 

カードローンの会社の名前を一切出さず、個人名で電話をしてきますので、あなたの会社にあなたのプライバシーが漏れる心配はありませんので、ご安心を。

 

 

point2与信審査

 

 

もう1つの重要視される審査が「与信審査」といわれるものです。

これはあなたの過去の支払履歴を調べるというものです。

 

クレジットカードの支払遅れ等が無いかを調査するものですが、直近3カ月程度の間に支払い漏れや遅れが無ければ、たいていの場合はスムーズに審査は終了します。

 

また過去に、完済した記録があれば、「お金をきちんと返してくれる人」という印象をもたれるようで、審査に好影響を及ぼすことが多いです。

 

銀行カードローン審査は消費者金融系の審査に比べると少し時間はかかりますが、銀行によっては最短30分で審査が完了して融資を受けられます。

 

特に、大手メガバンクのカードローンは金利も安く、安心感が得られますのでお勧めです。

 

 

check銀行カードローンの審査は以外と簡単に通る

 

 

銀行カードローンの審査は割とスムーズに通ります。
女性でアルバイトやパートしかしていなくても一定の安定収入があれば通るようになっているのです。

 

ですので、何も特別な事を考える必要はありません。
もちろん、このように言えるのには理由があります。

 

そもそも、大前提として銀行カードローンだけでなく消費者金融などの個人消費者向けの少額融資の枠には規制が設けられています。
消費者の年収の三分の一以上の融資をしてはいけないことになっているので、銀行側が厳しい審査をしなくてもこの規制によって一定以上のお金を融資することが出来なくなっているのです。

 

消費者も無理な借り入れが出来なくなっているので、銀行側に不良債権として負債がたまってしまう心配もありません。
そして、融資の枠に対する規制があるのですから当然一人当たりの利息を請求できる金額も銀行側は限られているのです。

 

だからこそ、より多くの方に融資を受け取ってもらって利息を得ないと営業が出来ないようになっているわけです。
そうするためには、まず審査を緩くして誰でも融資を受けることができる環境を作らなくてはいけないのです。

 

この規制は「総量規制」と呼ばれており、消費者金融側がこのルールを勝手に破ることは許されていません。

こうした規制の影響で、アルバイトやパートであっても審査が通るようになっているのです。

 

初めて申請をするのならば所得証明などの煩わしい資料も渡す必要は無く、融資を受け取る目的も何でも構いません。

 

身分証明もインターネット上の申し込みフォームから、携帯端末を利用することによって簡単に送付できるようになっています。
カードローンは一度発行すると目的など問わずに借りることが出来るようになるので、あくまでもそうした質問は形式だけなのです。

 

不安に思う必要はありませんので、一度審査を受けてみる事をおすすめします。

 

銀行カードローンの選び方   

この記事に関連する記事一覧