銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

銀行カードローン最大の強みとは

読了までの目安時間:約 3分

 

a0055_000853

 

銀行と言えば、以前は住宅や自動車を購入する際のように大きな金額の借入をする場合しか利用できないものというイメージが強いものでした。

しかし、銀行が倒産してしまうような現代においては銀行でもカードローンを利用できるようになりました。

 

では、「銀行カードローン」の強みとはどのような所にあるのでしょうか。

 

 

point1金利が低い

 

 

まず、銀行カードローンの強みと言えば「金利が低い」ということです。

お金を借りる上で一番ネックになってくるのが利息ですが、低金利であるため消費者金融系カードローンに比べると負担が少なくなります。

 

ただ、銀行は何の狙いもなく低金利にしているわけではありません。

確実に回収できると踏んでいるため金利を低くして貸しているのです。

 

消費者金融系カードローンの方が金利が高めになるのは、貸したお金が返ってこないという万が一の場合に備えて、利息である程度カバーしておくためです。

 

しかし銀行カードローンの場合、回収できる可能性が高い場合に貸し付けを行うため、利息でカバーする必要がありません。

もちろんこの事から、銀行カードローンの審査は消費者金融系カードローンに比べると厳しめになりますが、審査に通れば安定して返済することができるとみなしてもらえたわけですから、借りる側の安心感も高くなると言えます。

 

 

point2借りやすい

 

 

強みの二つ目として挙げられるのが、「借りやすい」ということです。

 

これは審査に通りやすいということではなく、他人からのイメージについての話です。

 

消費者金融から借りている。」というのと「銀行から借りている。」というのでは同じ借金でも一般的なイメージは異なってきます。

どうしても消費者金融から借りているというとあまり良いイメージは持たれません。

 

しかし、銀行から借りている場合はそこまで悪いイメージは持たれません。

精神的負担にならないため利用しやすいと言えるでしょう。

 

借りやすいとは決して言えませんが、安心して借りられるというのが銀行カードローンの最大の強みと言えるでしょう。

 

銀行カードローンの選び方   

この記事に関連する記事一覧