銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの特徴比較

読了までの目安時間:約 5分

 

a0001_016825

 

急にまとまった現金が必要になった時、カードローンの存在が大変重宝します。

 

近所のATMでお金を引き出したり、インターネットで送金手続きを行ったりすることが出来、まさに現代社会に欠かせない金融サービスと言えます。

 

最近では多くの金融業者がカードローンを提供していますが、それらは主に「銀行カードローン」と「消費者金融系カードローン」に二分されます。

 

どちらも発行されたカードを使ってお金を借りるサービスである点は同じです。

しかし、長所と短所に着目すると、大きな差があることが分かります。

 

 

point1銀行カードローン

 

 

銀行カードローンの魅力は、「スペックの高さ」です。

 

最大融資額が500万円以上に設定されている所も少なくなく、しかも3~10%と金利も低い特徴があります。

その上、総量規制の対象外なので、融資額は年収に左右されません。

 

大手の銀行が経営に携わっているため経営も安定しており、信頼性も申し分ありません。

利用者にとってありがたい事尽くめです。

 

しかし、申込みに際して実施される審査が非常に厳しいという欠点があります。

職業や年収、過去の債務歴など念入りに調査されるため、審査完了まで数日かかります。

 

条件が合致しなければ審査に落とされる可能性すらあります。

 

 

point2消費者金融カードローン

 

 

一方、消費者金融系カードローンの魅力は、ズバリ「利用しやすさ」です。

 

民間の金融業者が経営しているため、一人でも多くの顧客を獲得するために審査の敷居をかなり下げています。

フリーターや主婦、学生でも十分に利用可能ですし、即日融資を受けることも出来ます。

 

その反面、銀行カードローンに比べて金利が若干高いという欠点があります。

また、総量規制の影響を受けるため、年収の三分の一までしか借り入れ出来ないという問題もあり、多額のお金が必要な時に困ってしまいます。

 

このように、銀行カードローンにも消費者金融系カードローンにも一長一短があります。

カードローンを利用する際は、それぞれの特徴をしっかり理解したうえで自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

 

 

check銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは

 

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはカードローンという名前は同じでありますが、内容には大きな違いがあります。

その違いを知っておかなければせっかくのカードローンの便利さも低下してしてしまうので注意が必要です。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの一番おおきな相違点は「総量規制があるかないか」ということに成ります。

 

総量規制と言うのは貸金業法で規制される借金が年収の三分の一以上ができないとう規制です。

その為に貸金業法で規制される消費者金融のカードローンでは総量規制の規制にかかるので年収の三分の一以上の借り入れはできません。

 

そうなると消費者金融カードローンは収入のない主婦や学生は借り入れができないということに成ります。

ただし主婦や学生でも言っての安定した収入がある場合は総量規制で決めれらた年収の三分の一の借り入れは可能です。

 

一方、銀行カードローンは銀行が貸金業法で規制される業種ではなく銀行法で規制されるので、総量規制で規制されません。

なので収入のない主婦や学生でも借り入れすることが可能と言うことです。

 

しかし一般的に言えば、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しいという側面もありますので、やはり収入のない主婦や学生が借り入れすることは容易ではありません。

 

銀行カードローンはやはり銀行が主体となりますからやはり、消費者金融カードローンよりも信頼性は高いと言えます。

そして審査が厳しい分、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも融資金額の限度額が高い傾向があるという面もあります。

 

銀行カードローンの選び方   

この記事に関連する記事一覧