銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

市役所でお金を借りるのは結構ハードルが高めです

読了までの目安時間:約 2分

 

結論から言うと、市役所でお金は借りられます。
ただしお金を借りるためにはいくつも条件がありますし、自由になんにでも使えるのかといと、そうでもありません。

 

市役所でお金を借りる場合に利用できるのは、生活保護制度もしくは、生活副資金貸付というものが一般的です。
その他にも東日本大震災に遭った方向けの融資などもありますが、基本的にはこの2つがメジャーかなと思います。

 

市区町村によって、子育てに関する支援があったり、高齢者向けの優遇処置が合ったりすることもあるので、お住まいの地域の公式サイトを確認してみてもいいかもしれません。

生活保護についてはすでにご存じの方も多いと思うので、生活福祉資金貸付制度について簡単に説明しますね。

 

生活福祉資金貸付制度が利用できるのは、市町村税が非課税の世帯(いわゆる低所得世帯です)、身体障碍者手帳や精神障碍者保健福祉手帳をもつ障碍者世帯、介護が必要な65歳以上の人がいる高齢者世帯の3種類です。
この3つのいずれかに該当する場合は、必要に応じてお金を借りることができます。

 

借りられるといっても、教育資金、福祉に関連する住宅の増改築、失業等で生活が困難な場合など、何に使うかは決められています。
ブランドバッグが欲しいとか、ちょっと美味しいものを食べたいから・・・という理由では借りられないです。

 

市役所では、キャッシュカードのように自分の好きな時にお金を借りられるわけではありません。
だから、気軽な気持ちで周りにバレずにコッソリ借りよう!という人には向かないですね。

 

銀行カードローンの選び方   

ゆうちょ銀行からお金を借りるには担保が不可欠

読了までの目安時間:約 2分

 

ゆうちょ銀行からお金を借りたい場合に、しっかりと頭に入れておきたいことは、「ゆうちょ銀行からお金を借りるには担保が必要」ということです。
具体的には財形貯金と定期貯金、国債がこれに相当します。

 

財形貯金とは財形に関連した定額貯金のことで不明の場合は窓口で問い合わせてみるといいでしょう。
もし財形貯金がゆうちょ銀行にあれば0.25%の利子でお金を借りることが可能です。
借りられる金額はそれほど多くはなく、財形貯金の9割で最高でも300万円が限度額になっています。
また期間は2年です。
もう1つ、定期貯金を担保できるのは総合口座に定期貯金をしている場合です。
このパターンでは、総合口座からお金を引き出した際に総合口座の残高を越えたとき、自動的に定期貯金を担保にした借金となります。

 

ここでも貸付限度額は総合口座の貯金額の9割で、最高でも300万円まで、期間は2年間です。
財形貯金の場合と似ていますが、決定的な違いは定期貯金を担保にするときは利子が高いことでしょう。
財形貯金が0.25%だったのに対して、定期貯金の利子は0.5%にもなります。

 

最後に国債を担保にしてお金を借りる場合です。
こちらは財形貯金や定期貯金を担保にするよりも金額、期間ともに少なくなります。
最高金額は200万円までで、期間は最長1年間です。

 

また、最初にゆうちょ銀行では担保がなければお金を借りられないと書きましたが、窓口ではカードローンの取り扱いがあります。
ただしこのカードローンは窓口のみがゆうちょ銀行で実際の取り扱いはスルガ銀行という少し変わった商品になります。

 

銀行カードローンの選び方   

健康保険証だけでお金は借りることができますよ

読了までの目安時間:約 2分

 

健康保険証だけでキャッシングの審査を受けることができます。

消費者金融のカードローンは、身分証明が必要なだけですので保険証だけでもお金を借りることが可能になります。

 

最近ではインターネットで審査の申し込みが簡単にできますので、スマホや携帯からでも気軽に申し込みができます。

インターネットからの申し込みだと、審査に何事もなければ30分ほどで済むこともあります。

 

なので即日融資も可能ということです。ですが、何故保険証だけでお金が借りれるかと心配になることもあると思います。

 

もしかしたら悪徳会社かもしれないと思ってしまうこともあるはずです。

何故、保険証だけでお金が借りれるかというと、金融機関が重視していることは、返済ができるかどうかということです。

 

保険証をもとに本人確認を行い、過去の借入や借金の状況を調べていくのです。だから保険証だけでお金を借りることができるのです。

 

ほとんどの消費者金融会社が保険証だけでお金を借りることができますが、場合によっては借りれないこともあります。

 

借入額が多額になると、収入証明書が必要になり、消費者金融会社から求められます。

収入証明書が必要になる額は、各消費者金融会社によって異なりますので自分に合ったサービスの会社を探すことが良いでしょう。

 

今では各消費者金融会社も専用のサイトを持っているので、スマホや携帯からチェックして自分が信用できるところを選ぶことができます。

口コミや使用者の感想をもとに考えてみるのも良いと思います。

 

銀行カードローンの選び方   

初めてお金を借りる場合は借りたいところに相談すれば丁寧に回答してくれますしインターネットで簡単に申し込めます。

読了までの目安時間:約 2分

 

今までお金を金融機関などに借りたことがないものの、これから借りたいという人も多いです。

しかしお金の借り方がわからない場合でも不安に思うことはありません。

 

お金を借りるにあたっては、最初から金融機関に直接連絡を取る必要はありません。

金融会社ではホームページに借り入れの申し込みの方法、お金を借りられる条件、実際にどれくらいのお金を借りられるかということなど必要な情報を記載していることが多いので、まず最初にホームページを見て検討することができます。

 

そしてホームページを見た上で何か不明な点があれば、電話やメールなどで直接質問をすることも可能です。

さらに実際に借りたい場合の申し込みもインターネットを通してできるので、自宅から出向かなくても簡単にできるのです。

 

もし審査に通ってお金を借りられるのであれば金融会社側から借りられるという連絡があってすぐに借りるための手続きをすることが可能ですし、借りられないのであればその連絡もきちんとあります。

ただ気をつけておきたいこととして、金融会社によって月々の返済額の設定が大きく違い、また金利も大きく変わってくるので返済が滞ることのないように自分がきちんと返済可能な会社を選んで利用すべきだということです。

 

また女性で専業主婦やパート勤務であるなど、正規雇用で働いていない場合はお金を借りられるサービスが限定されているので、自分の借りられるところで借りなければなりません。

 

銀行カードローンの選び方   

ネットから気軽に申し込みやすくいざという時に役に立つカードローンです

読了までの目安時間:約 2分

 

通販やインターネットバンキングなど、日頃楽天のサービスを利用しているかたは少なくないでしょう。

そんな楽天の銀行カードローンがスーパーローンですが、金融機関の融資サービスなので総量規制外となり借入額は収入による制限がなく、また、提携しているATMからの引き出しが手数料無料で行えるのが魅力です。

 

申し込みはインターネットからのみですが、非常に簡単な手続きで審査を受けることができます。

金利的に上限借入額が500万円であることは銀行カードローンとしては平均的です。

 

ただし、最低限度額が少額借り入れにはあまり向かない50万円からになっているため、借りすぎには充分に注意をしてください。

また、最低限度額が高いことから、低い設定の消費者金融業者に比べると審査はその分厳しくなりがちです。

 

といっても、安定した収入があることや過去に返済が滞ったなどのトラブルがなければほぼ問題なく通るとされています。

基本的には最短で当日、長くても2営業日以内に審査結果が出ますので、こちらもカードローンとしては平均的です。限度額が300万円まででしたら、申し込みに収入証明書も必要ありません。

 

どうしても即日借りなければならないと切羽詰った状況でない限りは、安心して融資を受けられる大手銀行のカードローンということで、何かあった際に借り入れができるように申し込んでおきたいサービスという位置づけです。

 

消費者金融のキャッシングに比べたら金利も低いですし、急ぎでないかたにおすすめします。

 

銀行カードローンの選び方   

ウェブ申し込みを利用すれば、在籍確認なしでお金を借りることができます

読了までの目安時間:約 2分

 

結論から言えば、職場への在籍確認なしでお金を借りることは出来ます。
ただし、それを行うためには、各消費者金融や銀行が取り扱っているウェブ申し込みで、キャッシングを申し込む必要があります。

 

このウェブ申し込みとは、ウェブ上で申し込みからキャッシングまでを完結させる方法ですが、これを使えば、在籍確認なしでお金を借りることができます。
ではさっそくウェブ申し込みでお金を借りようという方、ちょっと待ってください。

 

実はこのウェブ申し込み、ウェブ上ですべてを終わらせられる完全なウェブ申し込みの他に、職場への在籍確認だけはきっちりとする、半ウェブ申し込みとでも言うべきものがあるのです。

その業者がどちらのタイプの申し込み方法をとっているのかは、実際にその業者に申し込んでみないとわかりません。

 

なので、どうしても在籍確認をしてほしくないなら、職場に在籍確認の電話をするのか、する場合、それをなしにすることは出来ないのか、それを前持って聞いておくべきです。
ウェブ申し込みをする前に、これらのことを業者に問い合わせておくのが無難でしょう。

 

この時、問い合わせをするのが面倒で、ネット上で検索して在籍確認の有無を調べる人がいますが、ネット上で「この会社は在籍確認なし」と書かれていても、実際そこに申しこむと、在籍確認の電話がかかってくる場合があります。
ですので、いきなり電話がかかってくるのを避けたいなら、自分で業者に問い合わせをするのがいいでしょう。

 

銀行カードローンの選び方   

キャバ嬢でも消費者金融でお金を借り入れすることができます

読了までの目安時間:約 2分

 

消費者金融というのは、公務員をしているからとか水商売してるからとか関係なく、カードローンやキャッシングはできます。

しかし、条件としてあるのが「安定した収入」があるかないかです。キャバ嬢でも週に2回か3回出ているのなら、借り入れすることは可能になります。

 

水商売の場合、在籍確認は確実に行われますので事前に消費者金融側の担当者に事情を伝えておけば、源氏名でも本名でも在籍確認をしてくれる消費者金融もあります。

ちゃんと消費者金融の名前を伏せて在籍確認の電話しますので安心して借り入れすることができます。

 

 

現在では女性も消費者金融でお金を借り入れすることが増えてきていますので、レディースローンというすべてのことを女性担当者が対応してくれるものもあります。

働いているお店にも家にも知られたくないのなら、スマホで申込から借り入れまでを完結してくれる消費者金融もありますし、自動契約機を使えばその場でローンができるカードを発行してくれる消費者金融もあります。なので、家に消費者金融からの郵便物が来ることがないので安心して借り入れすることができます。

 

しかし、先程も説明した通り、消費者金融は安定した収入が必要なため、日雇いもしくは短期バイトのキャバ嬢は審査を通るのは厳しいかもしれません。

どうしても収入が不安定と判断されがちになってしまうので、審査に落ちてしまいます。

 

同じキャバ嬢でも長く働いて、毎月安定した収入がないと消費者金融は審査が甘いと言われていますが、審査は通らないでしょう。

 

銀行カードローンの選び方   

漁師でもキャッシングすることはできるか

読了までの目安時間:約 2分

 

銀行のカードローンや消費金融のキャッシングを利用するためには金融機関の融資の審査を受ける前に最低限の条件を満たす必要があります。

 

それが「20歳以上の安定した収入」があるという条件です。

 

このことから考えれば、漁師であっても20歳以上で安定した収入があれば、カードローンやキャッシングを利用することに全く支障がないということができます。

ただし、この条件の満たしているだけではお金を借りることはできません。

 

次に必要となるのは融資を受ける金融機関の審査に通らなくてはなりません。

 

ここで考えなくてはならないのは、漁師とはいっても、自分で持ち船を持って漁師の仕事をしているいわゆる自営業者としての漁師と漁業をしている会社に勤めているいわゆるサラリーマンとしての漁師とに分けることができます。

 

審査で重要視される融資したお金の返済能力ということを考えれば、サラリーという安定した収入が期待できるサラリーマンとしての漁師の方が必然的に安定した返済能力があると認められてカードローンやキャッシングの審査に通りやすい傾向があります。

 

自営業者としての漁師は安定した収入という面では審査に通りにくくなる傾向はあると考えたほうがいいでしょう。

しかし、自営業者としての漁師の人が必ずしも安定的な収入が得られないということもありませんから、審査が厳しくてもお金を借りれる可能性は低くありません。

 

まずは自営業者としての漁師の人も申込みをしてみることです。

 

銀行カードローンの選び方   

オリックス銀行カードローンの魅力と注意点について

読了までの目安時間:約 2分

 

オリックス銀行カードローンの魅力は、金利が非常に安いところです。
最低金利が1%台なので、お金を借りるにはもってこいのローンなのですが、この低金利にはひとつ落とし穴があります。

 

それは、「利用限度額が高いコースでないと低金利の恩恵を受けられない」という点です。

 

この銀行のカードローンは、利用限度額が高くなればなるほど金利が安くなるので、2%や3%など安い金利でお金を借りるためには、利用限度額を高くしなければなりません。
ですが、年収が高くて安定した職業についている人でないと、(例えば公務員とか医師などです)利用限度額を高くしてもらえないので、低い金利でお金を借りることが出来ません。

 

この銀行のカードローンは、最低金利が低いかわりに最高金利も高いので、年収が低かったり、不安定な職業についている人がお金を借りると、消費者金融なみか、それ以上の金利を取られることになりかねません。
収入が多い人でないと、低金利の恩恵を受けられないところが、オリックス銀行カードローンの欠点だと言えるでしょう。

 

他にも、この銀行のカードローンには、オリックス銀行の口座がなくてもお金を借りることができる、銀行に来店しなくても融資の審査ができる、300万円までなら所得証明の必要がないという特徴があります。

 

これらの特徴があるオリックス銀行カードローンは、かなり利便性の高いローンなので、収入が多い人、安定した職業についている人には、うってつけのカードローンだと言えるでしょう。

 

銀行カードローンの選び方   

連帯保証人を用意できれば借り入れは可能

読了までの目安時間:約 2分

 

金融機関は障害基礎年金で暮らしているという人を、サービス提供の対象としてはみなしません。

障害のあるなしに関わらず、自ら働いてお金を稼ぐことができない人を、金融機関は利用者と認めてはくれないのです。

 

ただ本人に収入がなくても、借りたお金を返せる人が他にいればよいという考え方をキャッシング会社はするので、代わりに返済負担を背負ってくれる人を提示できれば、審査に通れることもあります。

キャッシングの利用にて、連帯保証人と呼ばれるポジションの人がそれです。

 

連帯保証人は、借りた人に何らかの問題が発生して返済が果たせなくなった時に、代理として返済の責任を担わなければならない立場の人となります。

ゆえに事情を知らない相手の名前を勝手に、連帯保証人の欄に書くことは許されません。

 

連帯保証人はそのリスクから、利用者の家族や友人といった関係の近しい人が、利用者を信じて役目を引き受けてくれるということが多いものです。

のっぴきならない事情があって、お金を借りなければ生活ができないという時には、身近な人に訳を話して、保証人として名前を挙げることを許可してもらいましょう。

 

保証人がいるからといって返済をおろそかにする行為は、お金では買えない信頼を失う行為であり、絶対にしてはいけません。

あくまでもキャッシング会社の信用を得るために名前を借りるというだけにして、借りたお金は自分の力で返済していくのが鉄則です。

 

自分で返せないお金は、そもそも借りるべきではないのです。

 

銀行カードローンの選び方