銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

銀行カードローンのデメリットって何?

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_007840

 

 

h4銀行カードローンは初めての方にもおすすめ

 

 

銀行カードローンは、いわゆる消費者金融のカードローンに比べて、さまざまなメリットがあります。

まず、ずっと金利が低いということ、それから融資限度額といって、「ここまでなら借りられますよ」という上限の金額も、消費者金融のカードローンより高めになっています。

 

対してデメリットとしてよくあげられているのが「審査の厳しさ」と「審査の遅さ」ですが、この2つも、実際はそう大きな問題ではありません。

 

審査が厳しいとはいっても、普通に月々、一定の収入を得ている方なら、会社員や公務員でなくても、派遣社員、アルバイト、パート、学生のいずれの働き方でも申し込むことができるんです。

中には専業主婦の方でも、本人確認のみで利用できる銀行カードローンもあるくらいなので、過度な心配は無用です。

 

審査のスピードについても、今はインターネット申し込みが利用できることもあって、即日に審査が完了する銀行がほとんどです。

長くても3営業日ほどですが、もしお急ぎなら即日振込や即日カード発行に対応している銀行カードローンを選ぶといいでしょう。

 

選ぶ際、銀行カードローンは、「銀行系グループの消費者金融」のカードローンとは違いますから、間違えないよう注意してください。

 

返済方式は、ほとんどの銀行が「残高スライドリボルビング」という方式を採用しています。

 

これは、借入残高、つまり「まだ返していない借入」の額に応じて、月々の返済ノルマ額がスライドしていくというものです。

 

よって、残高が少なくなればなるほどノルマ額も少なくなりますが、余裕のある時には多めに返済するよう心がけると、早く返済を終わらせることができます。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行ローンの金利を下げる方法

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_007183

 

 

h4銀行口座を保有していれば優遇措置がある銀行のカードローン

 

 

銀行で口座を開設すると様々な資料を手渡されますし、ダイレクトメールとして封書で送られてくることがあります。

 

その中に銀行のカードローンサービスの案内をよく見かけるのですが、金利が明確になっていますしキャンペーンを実施していることが多いので初めて銀行のカードローンを利用する人にとってはお得なことが沢山あります。

 

もちろん一般的な消費者金融系のカードローンでも最初の一ヶ月は金利無料などのキャンペーンが行われていますが、長期にわたってカードローンを利用するのであれば、いつも利用していて親しみのある銀行のカードローンのほうが安心です。

 

たとえば、銀行口座を給与振込み用の口座に指定していたり、水道やガスそして電気などの公共料金の引き落としに利用している場合は、カードローンの金利を引き下げてくれるという優遇措置がとられる場合があります。

 

・給与振込指定

・水道料金

・ガス料金

・電気料金

 

ほかにも「住宅ローン」なども合わせて利用することによってその優遇の幅は大きくなっていきます。

銀行によってはポイントサービスを実施しており、カードローンの利用額に応じてポイントが貯まっていきます。

 

次に銀行のカードローンの審査ですが、他で多額の借り入れをしていたり返済が滞っているようなことがなければ、比較的簡単に審査を通過できます。

既に銀行口座を開設している場合は運転免許証などで個人証明は確認済みですので、そのような審査をカットすることができる分、他の消費者金融系の会社の審査よりも迅速になります。

 

また店頭へ出向かなくてもインターネットを通じて審査の申し込みができたり、オンラインで借り入れをすることができる銀行もあるので、女性も安心してカードローンを利用できるのです。

 

銀行カードローンの選び方   

専業主婦でもお金が借りれる理由

読了までの目安時間:約 5分

 

a1180_010393

 

 

h4専業主婦の方に銀行カードローンはおすすめです

 

 

誰しも、初めて借入する際は、緊張を伴うものだと思います。

 

でも、全く心配する必要はありません。

銀行カードローンは、大手銀行が提供しているカードローンです。

 

安心という点においてはこれ以上のものはないのではないでしょうか。

 

銀行カードローンは、消費者金融系と比べるとやや審査が厳しい様に思いますが、メリットが山の様に存在しますのでご安心下さい。

 

総量規制」という法律があります。

これは年収の三分の一以上は借りる事ができないというものなのですが、銀行カードローンは「銀行法」がありますので大丈夫なのです。

 

ですので、専業主婦の方も、借入が可能となるのです。

 

これは、最も魅力的なメリットだと思いますよ。

他にも大手銀行ならではの独自のサービスも多数ありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

融資額が高いというメリットもありますね。そして、その銀行に口座を持っていなくても、融資が受けられるのです。

ポイントを貯められたりもしますので、嬉しいですね。

 

ATM機が多いというのも、とても魅力的ではないでしょうか。
インターネットで申し込みができますし、審査時間もそれほどかかりません。

 

低金利というのも素晴らしいと思います。

借りたからには返済しなくてはなりませんから、金利は低ければ低い程、返済が楽になるのです。

 

メリットをまとめてみますと、どれも大変魅力的だと思いませんか。
銀行カードローンは、とても信用がおけると思いますが、お金の借りすぎ等には十分ご注意下さいね。

 

銀行カードローンは、個人的に本当におすすめできると思いますよ。
どうか、ご安心を。

 

 

h4銀行カードローンから始めたほうがいい理由

 

 

お金を借りたいけど消費者金融はちょっとイメージが…」そんな方でも比較的抵抗ないのが銀行カードローンです。

 

消費者金融のとこの銀行系、実際にはどう違うかというと審査基準、限度額、金利、そして融資対象。

このあたりになります。

 

銀行カードローンは母体が銀行だけに審査も若干厳しいと言われています。

ですが、審査に通るか通らないかはその銀行の基準によっても違ってきますし、その審査に通りさえすれば消費者金融のローンに比べて金利も低く、限度額も大きく設定されいます。

 

ローンを検討するならまずはこの銀行系から審査をお願いしたほうが良さそうですね。

 

そして、ここもまた消費者金融ローンと大きく違うのは、銀行系は「専業主婦でも融資可能」ということです。

この場合は旦那さんの収入を審査されます。

 

消費者金融ローンは貸金法、銀行ローンは銀行法、とそれぞれ対象範囲となる法律が違うことによってこういう差が生じるのですが、消費者金融ローンは貸金法によって制限されているため、一定の収入が見込めない専業主婦には融資できません。

消費者金融の融資対象には「20歳以上で一定の収入がある方」と書いてありますよね。

 

ですから、もし主婦が融資を受けようと思ったときはこの「銀行カードローン」一択になるわけです。

 

自分でお仕事をされて収入がある女性であっても銀行カードーローンをおすすめしたいのは、先ほど述べたように融資限度額、金利の低さというかなりのメリットがあるからです。

 

審査に関しては若干厳しいと書きましたが、あくまで「そう言われている」程度の事であってそんなに難しい物ではありません。

消費者金融ローンだって厳しいところもありますからね。

 

ですからまず融資を受ける際には、まず銀行カードローンから始めて損はありませんよ。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンの様々なメリット

読了までの目安時間:約 10分

 

a1640_000170

 

銀行カードローンは、銀行相手にお金を借りることができますから、他のカードローンと比べると信頼性や安心感を得ることができますよね。
銀行系のカードローンには、様々なメリットがあります。

 

 

point1総量規制対象外

 

 

まずは、銀行カードローンは「総量規制対象外」だということです。

 

総量規制というのは、年収の3分の1以上は基本的に借入することができないという規制です。
消費者金融では、借入限度額が限られてしまうため、大きな買い物をするときなどに資金が足りなくなってしまうということもあります。

 

しかし、銀行カードローンは規制対象外ですから、年収の3分の1以上の借入であっても、審査に通ることができれば借入をすることができます。
総量規制対象外というのが、銀行カードローンの最大の魅力と言ってもいいでしょう。

 

 

point2金利が安い

 

 

もう一つは、他のカードローンに比べて、「金利が安い」ということです。

 

銀行カードローン全体的に他と比べると安めの金利設定になっていますが、より金利の安いところを探し、損をしない借入を行うようにしましょう。
そして、全国の提携銀行ATMの他、コンビニのATMとも提携しているところが多く、利便性にも優れているという特徴があります。

 

また、銀行によっては新規入会時や、利用することでポイントがもらえるなど、お得なキャンペーンなども行っているところがありますから、気になる銀行カードローンをいくつか比較してみるといいですね。

 

銀行カードローンは審査が厳しいというイメージがある人も多いかと思いますが、返済能力があり、延滞や事故情報がなければ審査に落ちるという場合は少ないものです。

 

 

h4銀行カードローンを作るメリット

 

 

銀行カードローンに興味のある方は、多いのではないでしょうか。

カードローンに不安がある方でも、銀行ならば安心感がありますし、頼りになる存在でしょう。

 

そこで、銀行カードローンのメリットについて知っておくことで、銀行カードローンを作る際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

point1金利の安さ

 

 

銀行カードローンにはいくつかのメリットがありますが、最も特徴的なメリットは「金利の安さ」でしょう。

 

消費者金融を利用するよりもかなり金利を安くすることができるため、よりお得に利用することができるのです。

また、金利は状況によって変化していくので、銀行カードローンを利用する際には注意しておきましょう。

 

 

point2安心感がある

 

 

そして、先ほども少し触れましたが、やはり銀行であるので「安心感」が違います。

自分が利用している銀行のカードローンを利用することで、安心して利用することができるのです。

 

消費者金融では、殆ど無いとはいえ悪徳業者に出会う可能性も否定できません。

その可能性を考慮するならば、銀行以上に安全なものはないでしょう。

 

 

point3借入限度額が高い

 

 

もう一つ、「借り入れ限度額が高い」ことも挙げられます。

銀行のカードローンは消費者金融よりも審査が厳しい物の、それによって高い金額を借りることも可能になっています。

 

いつ、人生の中で大金が必要になるかはわかりません。

そんな時に銀行のカードローンを利用できることは、非常に頼れることではないでしょうか。

 

もしカードローンを初めて利用する方は、できれば銀行カードローンを利用することをおすすめします。

これらの様々なメリットを得られることは、カードローンの中でも安心のできるものなのです。

 

 

h4銀行カードローンの代表格

 

 

巷にある消費者金融の機関よりも、銀行系のカードローンのほうが安心できるというイメージをお持ちの方はとても多いと思いますが、やはりそのイメージというのは確かな事実だと私も考えています。

それは、大手の消費者金機関ならば問題ないのは確かですが、ちょっと名前の聞いたことのないような消費者金融では、やはり借り入れの際にリスクをともなう可能性があるからです。

 

ですので、借り入れを考えているならば、銀行系のカードローンを利用することを私はオススメします。

そのメリットとは、上記に挙げた安心できるということももちろんそうですが、それ以外にも比較的金利が安い銀行系のカードローンが多いということが挙げられます。

 

たとえば、主な消費者金融ですとだいたいが年利が最大18%というところが多いわけですが、たとえば銀行系のカードローンの代表格である「三菱東京UFJ銀行系のバンクイック」は、年利が最大14.6%となっており、こうした低金利がまずメリットとして挙げられます。

 

また、銀行系のカードローンは審査が厳しくて借りづらいように思えますが、それまでにクレジットカードなどの支払いを滞納したことがなく、なおかつ安定した収入がある方でしたら、借り入れの限度額はあるものの審査はそこまで厳しくないのです。

先に挙げたバンクイックでは、即日融資にも対応していますし、銀行の口座を持っていなくても融資が可能という柔軟性もあります。

 

ですので、やはり銀行系のカードローンというのは、借り入れ経験のあまりない人が初めて借り入れをするときには、打ってつけの金融機関だと私は思っています。

 

 

check銀行カードローンはメリットが多いので是非利用しましょう

 

 

もしお金が無くなってしまったらとても困りますよね。
そのような状態になってもすぐにお金を借りられる環境を作っておくことはとても大切なことです。

 

ただ、お金を借りる相手は安心できるところが良いですよね。
消費者金融だと不安と感じる方は、銀行カードローンを作りましょう。

 

銀行カードローンのメリットは三つあります。

 

 

point1金利が安い

 

 

一つ目は「金利の低さ」です。
消費者金融など、他のカードローンサービスを提供している会社よりも金利が低く設定されています。

 

そのため返済の時に金利で悩まされることも少ないのです。

 

 

point2借入金額が大きい

 

 

二つ目は「大きな額も借りれる」点です。

 

銀行のカードローンは年収の3分の1以上の額も借りることが出来るので、大きな金額の借入もしやすいでしょう。

 

 

point3安心感が得られる

 

 

三つ目は「安心感を得られる」点です。
銀行というしっかりとしたところから借りることで、安心感を得ることが出来ます。

 

お金を借りるという行為は不安を感じやすいです。
そこで安心感を感じることが出来る銀行を利用することはとても大きなメリットでしょう。

 

このように銀行カードローンには大きなメリットがあるのです。
ただ、銀行カードローンは消費者金融などに比べて審査が厳しいです。

 

審査の際には自分の収入や勤続年数、過去の滞納歴などをもとに審査されます。
審査に通る可能性を少しでも高くするために、日ごろから支払いなどの滞納を絶対にしないように心がけておきましょう。

 

また、他のところで多額の借入をしている場合も不利になることがあります。
なるべく審査の時までに他の借入の返済を済ませておくようにしましょう。

 

銀行カードローンは女性であってもとても便利なものです。
安心してお金を借りることができるので、是非利用しましょう。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの特徴比較

読了までの目安時間:約 5分

 

a0001_016825

 

急にまとまった現金が必要になった時、カードローンの存在が大変重宝します。

 

近所のATMでお金を引き出したり、インターネットで送金手続きを行ったりすることが出来、まさに現代社会に欠かせない金融サービスと言えます。

 

最近では多くの金融業者がカードローンを提供していますが、それらは主に「銀行カードローン」と「消費者金融系カードローン」に二分されます。

 

どちらも発行されたカードを使ってお金を借りるサービスである点は同じです。

しかし、長所と短所に着目すると、大きな差があることが分かります。

 

 

point1銀行カードローン

 

 

銀行カードローンの魅力は、「スペックの高さ」です。

 

最大融資額が500万円以上に設定されている所も少なくなく、しかも3~10%と金利も低い特徴があります。

その上、総量規制の対象外なので、融資額は年収に左右されません。

 

大手の銀行が経営に携わっているため経営も安定しており、信頼性も申し分ありません。

利用者にとってありがたい事尽くめです。

 

しかし、申込みに際して実施される審査が非常に厳しいという欠点があります。

職業や年収、過去の債務歴など念入りに調査されるため、審査完了まで数日かかります。

 

条件が合致しなければ審査に落とされる可能性すらあります。

 

 

point2消費者金融カードローン

 

 

一方、消費者金融系カードローンの魅力は、ズバリ「利用しやすさ」です。

 

民間の金融業者が経営しているため、一人でも多くの顧客を獲得するために審査の敷居をかなり下げています。

フリーターや主婦、学生でも十分に利用可能ですし、即日融資を受けることも出来ます。

 

その反面、銀行カードローンに比べて金利が若干高いという欠点があります。

また、総量規制の影響を受けるため、年収の三分の一までしか借り入れ出来ないという問題もあり、多額のお金が必要な時に困ってしまいます。

 

このように、銀行カードローンにも消費者金融系カードローンにも一長一短があります。

カードローンを利用する際は、それぞれの特徴をしっかり理解したうえで自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

 

 

check銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは

 

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはカードローンという名前は同じでありますが、内容には大きな違いがあります。

その違いを知っておかなければせっかくのカードローンの便利さも低下してしてしまうので注意が必要です。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの一番おおきな相違点は「総量規制があるかないか」ということに成ります。

 

総量規制と言うのは貸金業法で規制される借金が年収の三分の一以上ができないとう規制です。

その為に貸金業法で規制される消費者金融のカードローンでは総量規制の規制にかかるので年収の三分の一以上の借り入れはできません。

 

そうなると消費者金融カードローンは収入のない主婦や学生は借り入れができないということに成ります。

ただし主婦や学生でも言っての安定した収入がある場合は総量規制で決めれらた年収の三分の一の借り入れは可能です。

 

一方、銀行カードローンは銀行が貸金業法で規制される業種ではなく銀行法で規制されるので、総量規制で規制されません。

なので収入のない主婦や学生でも借り入れすることが可能と言うことです。

 

しかし一般的に言えば、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しいという側面もありますので、やはり収入のない主婦や学生が借り入れすることは容易ではありません。

 

銀行カードローンはやはり銀行が主体となりますからやはり、消費者金融カードローンよりも信頼性は高いと言えます。

そして審査が厳しい分、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも融資金額の限度額が高い傾向があるという面もあります。

 

銀行カードローンの選び方   

1 4 5 6