銀行カードローンの審査JP~専業主婦・パート・アルバイトOKのおすすめ銀行ローンを発見!

銀行カードローン最大の強みとは

読了までの目安時間:約 3分

 

a0055_000853

 

銀行と言えば、以前は住宅や自動車を購入する際のように大きな金額の借入をする場合しか利用できないものというイメージが強いものでした。

しかし、銀行が倒産してしまうような現代においては銀行でもカードローンを利用できるようになりました。

 

では、「銀行カードローン」の強みとはどのような所にあるのでしょうか。

 

 

point1金利が低い

 

 

まず、銀行カードローンの強みと言えば「金利が低い」ということです。

お金を借りる上で一番ネックになってくるのが利息ですが、低金利であるため消費者金融系カードローンに比べると負担が少なくなります。

 

ただ、銀行は何の狙いもなく低金利にしているわけではありません。

確実に回収できると踏んでいるため金利を低くして貸しているのです。

 

消費者金融系カードローンの方が金利が高めになるのは、貸したお金が返ってこないという万が一の場合に備えて、利息である程度カバーしておくためです。

 

しかし銀行カードローンの場合、回収できる可能性が高い場合に貸し付けを行うため、利息でカバーする必要がありません。

もちろんこの事から、銀行カードローンの審査は消費者金融系カードローンに比べると厳しめになりますが、審査に通れば安定して返済することができるとみなしてもらえたわけですから、借りる側の安心感も高くなると言えます。

 

 

point2借りやすい

 

 

強みの二つ目として挙げられるのが、「借りやすい」ということです。

 

これは審査に通りやすいということではなく、他人からのイメージについての話です。

 

消費者金融から借りている。」というのと「銀行から借りている。」というのでは同じ借金でも一般的なイメージは異なってきます。

どうしても消費者金融から借りているというとあまり良いイメージは持たれません。

 

しかし、銀行から借りている場合はそこまで悪いイメージは持たれません。

精神的負担にならないため利用しやすいと言えるでしょう。

 

借りやすいとは決して言えませんが、安心して借りられるというのが銀行カードローンの最大の強みと言えるでしょう。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンが人気の理由(歴史的背景)

読了までの目安時間:約 5分

 

a0002_000864

 

 

h4銀行系カードローンは審査が厳しいの?

 

 

2006年に成立した「総量規制」により、年収の3分の1までしかお金を借りる事ができなくなりました。
そのため無収入の専業主婦や、収入の少ないパートやアルバイトで働いている方はお金を借りる事が難しくなりました。

 

そこで女性専門の金融業「レディースローン」が登場し、話題を集めました。
レディースローンであれば、パートやアルバイトで働いている女性でもお金を貸りる事ができるのです。

 

しかし専業主婦の場合には配偶者の収入や勤務年数なども考慮されるので、「主人に内緒でコッソリお金を借りるという事が難しい」、というデメリットがあります。

 

また一般的な消費者金融よりも利息が高く、早めに返済しなければ利子がどんどん膨らんでゆく傾向にあるため、リスクを警戒してしまう方も少なくはありません。

 

そこで現在は、総量規制対象外である「銀行系カードローン」に注目が集まっています。

 

銀行系カードローンは一般の消費者金融よりも金利が低く、安心感が高いことでも有名です。

 

また利用限度額が500~800万円と高額なのも特徴で、万が一の際に頼れる存在として支持されているのです。
借入れ金額や銀行にもよりますが、月々1万円以下からの返済も可能という「利便性」も魅力のひとつに挙げられます。

 

近年ではわざわざ銀行まで足を運ぶことなく、インターネットからカードローンを申込むことができる事もできるため、気軽に申込む方も増えています。

申込みをすると、返済能力の有無を調べる「審査」が行われます。

 

専業主婦であれば配偶者の年収や勤務年数、または他の金融業者からの借入れの有無などを調べられます。
審査の結果は最短であれば即日に結果が出るので、早めにお金を借りたい方でにも好評です。

 

一般的に銀行系のカードローンは”審査が厳しい”と思われがちですが、上記の条件を満たしていればそう難しい事ではありません。

ここは先入観を捨て、安全性の高い銀行系カードローンの入手に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

 

 

check銀行系カードローンのすすめ

 

 

日進月歩、常に発展しているといわれる金融業界においても、安心感が今だ別格のものとして認識されている銀行系カードローン。

 

審査が厳しい、借り入れに時間がかかる」という声も多い中で、それでも利用者が拡大しているわけは、銀行系カードローンならではの魅力にあるのです。

 

銀行系カードローンの支持される理由の一つに、「金利の低さ」というものがあります。

 

数ある消費者金融と比較してもその差は圧倒的で、「たとえ利用に手間がかかっても、銀行系のカードローンを使いたい」という声は引きも切りません。

 

金利というのは小数点以下の違いでも侮れないもので、利用する額がかさめばかさむほどその違いは歴然のものになります。

カードローンの利用が多い人ほど、銀行系を選びたがるのはそのためです。

 

金利の低さを利用して、複数の消費者金融から乗り換え、銀行のカードローンを「おまとめローン」として使用する人も多くいます。

 

また、「総量規制対象外」であることも、選ばれる傾向を強めています。

総量規制というのは、年収の三分の一以上の金額は借りられないという決まりなのですが、これは大きな金額を借りたいと思う人にとって、非常に厄介な仕組みです。

 

銀行系カードローンならそれを回避することが出来るので、自然と需要が高まっているのです。
銀行系カードローンは、継続して利用をしていく上で、快適にそれが行えるように特化したサービスを持っています。

 

そのために、急いでいる時に手続きに時間がかかることが難点なのですが、それは事前に準備しておくことで避けることができる問題でもあります。

 

余裕のあるうちに、あらかじめ審査や契約に臨んでおくようにしましょう。

危急の際に備えておけば、銀行系カードローンをもっとスムーズに活用することが出来るはずです。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンの審査方法とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

a0001_004014

 

銀行カードローンを利用してみたいと思っても、初めてだと色々と不安がつきものです。

 

特に「カードを作るための審査が厳しいのではないか」、と心配されている方も多いのではないでしょうか。

銀行カードローンの審査とはどのようなものなのか、簡単にご紹介させて頂きます。

 

この審査は、融資したお金を返済可能なのかどうかを調べるためのものです。

具体的には年収、勤続年数、居住年数などのその人の属性を調査します。

 

 

point1在籍確認

 

 

銀行系のカードローン会社では年収を重視する場合もあるようですが、これらの審査で一番重要視されるのは、現在勤務している会社に本当に在籍しているかどうかの「在籍確認」といわれています。

 

この確認では、あなたの勤務している会社宛に担当者より電話があり、あなたが本当にその会社に勤務しているかどうかのみを確認します。

 

カードローンの会社の名前を一切出さず、個人名で電話をしてきますので、あなたの会社にあなたのプライバシーが漏れる心配はありませんので、ご安心を。

 

 

point2与信審査

 

 

もう1つの重要視される審査が「与信審査」といわれるものです。

これはあなたの過去の支払履歴を調べるというものです。

 

クレジットカードの支払遅れ等が無いかを調査するものですが、直近3カ月程度の間に支払い漏れや遅れが無ければ、たいていの場合はスムーズに審査は終了します。

 

また過去に、完済した記録があれば、「お金をきちんと返してくれる人」という印象をもたれるようで、審査に好影響を及ぼすことが多いです。

 

銀行カードローン審査は消費者金融系の審査に比べると少し時間はかかりますが、銀行によっては最短30分で審査が完了して融資を受けられます。

 

特に、大手メガバンクのカードローンは金利も安く、安心感が得られますのでお勧めです。

 

 

check銀行カードローンの審査は以外と簡単に通る

 

 

銀行カードローンの審査は割とスムーズに通ります。
女性でアルバイトやパートしかしていなくても一定の安定収入があれば通るようになっているのです。

 

ですので、何も特別な事を考える必要はありません。
もちろん、このように言えるのには理由があります。

 

そもそも、大前提として銀行カードローンだけでなく消費者金融などの個人消費者向けの少額融資の枠には規制が設けられています。
消費者の年収の三分の一以上の融資をしてはいけないことになっているので、銀行側が厳しい審査をしなくてもこの規制によって一定以上のお金を融資することが出来なくなっているのです。

 

消費者も無理な借り入れが出来なくなっているので、銀行側に不良債権として負債がたまってしまう心配もありません。
そして、融資の枠に対する規制があるのですから当然一人当たりの利息を請求できる金額も銀行側は限られているのです。

 

だからこそ、より多くの方に融資を受け取ってもらって利息を得ないと営業が出来ないようになっているわけです。
そうするためには、まず審査を緩くして誰でも融資を受けることができる環境を作らなくてはいけないのです。

 

この規制は「総量規制」と呼ばれており、消費者金融側がこのルールを勝手に破ることは許されていません。

こうした規制の影響で、アルバイトやパートであっても審査が通るようになっているのです。

 

初めて申請をするのならば所得証明などの煩わしい資料も渡す必要は無く、融資を受け取る目的も何でも構いません。

 

身分証明もインターネット上の申し込みフォームから、携帯端末を利用することによって簡単に送付できるようになっています。
カードローンは一度発行すると目的など問わずに借りることが出来るようになるので、あくまでもそうした質問は形式だけなのです。

 

不安に思う必要はありませんので、一度審査を受けてみる事をおすすめします。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンの申し込み手順

読了までの目安時間:約 3分

 

a0777_000027

 

銀行からお金を借りる時というのは一生に一度の買い物をイメージする人も多いかもしれません。
特に「住宅ローン」や「教育ローン」は借りる金額も大きくて返済期間も長くなってしまいます。

 

そういうときは金利の低い銀行からお金を借りた方が返済総額を抑えることができてお得です。
しかし、使用目的が定められたローンは使い道が予め決まっているので生活費や遊興費に使うことは出来ません。

 

そういうときに便利に利用できるのが「銀行カードローン」です。

 

銀行カードローンは担保なし、保証人なしでお金を借りることが出来て借りたお金の使い道は自由です。
もちろん生活費や遊興費に使うことも可能です。

 

消費者金融のカードローンとサービス内容が似ていますが、銀行カードローンのいいところは何といっても金利が低いところです。
借りたお金は利息をつけて返す必要があるので金利の低いところで借りた方が返済総額が低く済んでお得です。

 

申し込みに必要な書類は本人確認書類のみです。

本人確認書類は運転免許証、パスポート、健康保険証のどれか一つを用意すれば充分です。

 

① 本人確認書類(免許証、パスポート、保険証)

② 申し込みフォームから手続き

③ 審査通過後にカード発行

 

インターネットを使ってパソコンから申し込み手続きを行えば来店する必要もありません。
基本的に、申し込みをしたい銀行のホームページにある申し込みフォームから手続きを完了することが出来ます。

 

名前、住所などの必要事項を画面の指示に従って入力するだけなのでパソコンが苦手だという人も大丈夫です。
申し込みをした時間帯によって即日融資も可能なので急いでいる時にも頼りになります。

 

勤務先への在籍確認が済んで審査に合格すればお金を借りることが出来ます。
限度額以内なら好きな時に好きな方法でお金を引き出すことが可能です。

 

しかしお借りたお金は利息をつけて返す必要があるのできっちり返済計画を立ててからお金を借りるようにしましょう。

 

銀行カードローンの選び方   

銀行カードローンのデメリットって何?

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_007840

 

 

h4銀行カードローンは初めての方にもおすすめ

 

 

銀行カードローンは、いわゆる消費者金融のカードローンに比べて、さまざまなメリットがあります。

まず、ずっと金利が低いということ、それから融資限度額といって、「ここまでなら借りられますよ」という上限の金額も、消費者金融のカードローンより高めになっています。

 

対してデメリットとしてよくあげられているのが「審査の厳しさ」と「審査の遅さ」ですが、この2つも、実際はそう大きな問題ではありません。

 

審査が厳しいとはいっても、普通に月々、一定の収入を得ている方なら、会社員や公務員でなくても、派遣社員、アルバイト、パート、学生のいずれの働き方でも申し込むことができるんです。

中には専業主婦の方でも、本人確認のみで利用できる銀行カードローンもあるくらいなので、過度な心配は無用です。

 

審査のスピードについても、今はインターネット申し込みが利用できることもあって、即日に審査が完了する銀行がほとんどです。

長くても3営業日ほどですが、もしお急ぎなら即日振込や即日カード発行に対応している銀行カードローンを選ぶといいでしょう。

 

選ぶ際、銀行カードローンは、「銀行系グループの消費者金融」のカードローンとは違いますから、間違えないよう注意してください。

 

返済方式は、ほとんどの銀行が「残高スライドリボルビング」という方式を採用しています。

 

これは、借入残高、つまり「まだ返していない借入」の額に応じて、月々の返済ノルマ額がスライドしていくというものです。

 

よって、残高が少なくなればなるほどノルマ額も少なくなりますが、余裕のある時には多めに返済するよう心がけると、早く返済を終わらせることができます。

 

銀行カードローンの選び方